2017年度一般講座

時間:毎週金曜日19~21時 参加費:500円(会員無料、学生・非正規労働者100円) 予約不要

4月 戦争の記憶と現在
21 尹健次(神奈川大学名誉教授、近代日朝関係史) 「在日」にとっての普遍性とは
28 原田敬一(佛教大学、日本近現代史) 日中戦争と日本
5月 東アジアと帝国・植民地主義
14
※12日から日程変更になりました
日(14時〜) 庵逧由香(立命館大学、朝鮮近現代史) 朝鮮植民地支配と総動員
20 土(14時〜) 金富子(東京外国語大学、ジェンダー史) 韓国の〈平和の少女像〉とポスト真実の政治学——なぜ日本政府・メディア・知識人は〈少女像〉を嫌うのか
28 日(14時〜) 星名宏修(一橋大学、台湾文学) 植民地台湾のハンセン病患者とその文学表現
6月 ジェンダー・セクシュアリティ
2 菅野優香(同志社大学、クィアスタディーズ) クィアと映画——セクシュアリティの文化的多様性
9 林葉子(大阪大学、日英帝国関係史) 買売春と性暴力の間——歴史から見えてくること
16 清水晶子(東京大学、フェミニズム/クィア理論) アカデミズムにおける(ヘテロ)セクシズム
23 田村哲樹(名古屋大学、政治理論) 政治はどこにどのようにあるのか?——「私的な空間」における「公的な政治」
30 稲葉奈々子(上智大学、社会学) 女性移民と貧困
7月 相模原障害者殺傷事件
7 立岩真也(立命館大学、社会学) 道筋を何度も作ること——7.26殺傷事件後
14 大谷いづみ(立命館大学、生命倫理学) 安楽死・尊厳死論の系譜と相模原障害者殺傷事件(仮)
21 渡邉琢(日本自立生活センター介護コーディネーター) 亡くなられた方々は、なぜ地域社会で生き続けることができなかったのだろうか?
28 伊藤公雄(京都産業大学、男性学)
※講師変更となりました。
男性と暴力——相模原事件によせて(仮)
10月 現代資本主義とは何か
6 萩原伸次郎(横浜国大名誉教授、アメリカ経済学) 現代アメリカとトランプ政権
13 夏目啓二(愛知東邦大学、経営学) 現代多国籍企業とタックスヘイブン
20 松尾匡(立命館大学、経済学) 現代経済の争点(仮)
27
※1月26日への日程変更につき、休講となります
笠井高人(同志社大学、経済思想史)

新自由主義と市場の課題

11月 戦後文化の想像力
3 河西秀哉(神戸女学院大学、日本近現代史) うたごえ運動とジェンダー(仮)
10 竹内栄美子(明治大学、日本近代文学) 中野重治と戦後文化運動
17 和田悠(立教大学、社会教育) 戦後サークル運動としての「思想の科学」——大阪グループを中心に
24 海老坂武(評論家、フランス文学) 体験的戦後思想論(仮)
12月 オリンピックを撃つ
1 権学俊(立命館大学、スポーツ・ナショナリズム論) 東京オリンピックの政治性と国民統合(仮)
8 原口剛(神戸大学、社会地理学・都市論) メガイベントとジェントリフィケーション——都市空間の略奪をめぐって(仮)
15 市井吉興(京都自由大学理事長、立命館大学、スポーツ文化論) 創造的復興と2020東京オリンピック(仮)
22 市井吉興(京都自由大学理事長、立命館大学、スポーツ文化論) スポーツとミリタリズム──パラリンピックを問う(仮)
1月 オムニバス
12 斎藤敏康(立命館大学、中国現代文学) 中国に「近代文学」は存在したか——1920年代の革命と文学
19 清眞人(近畿大学、哲学) 『職業としての政治』における二つの倫理の弁証法的葛藤を照射する——ヴェーバーとトラー
26
※10月27日から日程変更となりました
笠井高人(同志社大学、経済思想史) 新自由主義と市場の課題
広告